賃貸物件での水漏れ修理のあれこれ

賃貸物件での水漏れ修理のあれこれ 賃貸物件のビルテナントにおいて、水漏れをはじめとした水のトラブルが起こる可能性はあります。自身及び他に使用されている方の過失に伴うものから、機器や部品の経年劣化など理由はそれぞれにありますが、放置しておくと建物全体に影響が出ます。もちろん自分で応急処置をし、修理することも出来ます。一方、間違った修理をしたり管理責任者への報告、相談を怠ったりなどによるトラブルも少なからずあります。そうしたトラブルを防ぐためのポイントを紹介します。

■水漏れの加害者で修理が必要な場合

自身の過失や経年劣化などで水漏れが発生して加害者となった場合、大家さんなどの管理責任者に先ず相談をして下さい。その際に、原因を正確に報告しましょう。報告の際には、自身の無理な使い方が原因なのか、機械や部品の不具合、劣化が気になったなど正確に伝えることが大切です。管理責任者の中には、費用支出を渋ったり、使用者に支払いを請求する方もいます。各種トラブルを防ぐためにも原因の正確な報告が必要です。
夜間や早朝の場合は、管理責任者との連絡が難しいことが想定されます。水場の近くに行くと業者の連絡先が確認できますし、契約時の資料があれば記載されているでしょう。それでもわからない場合は、ネットで確認はできる24時間対応の水道業者に依頼して修理をしてもらってください。
水道業者への連絡を終えたら、水漏れ箇所によっては漏電を防ぐために契約している電気会社に報告しましょう。

■水漏れの被害者で修理が必要な場合
隣の部屋などの水漏れに伴い部屋に被害が及んだり、台風などの災害で機器の修理が必要な場面があります。放置しておくことで、生活への影響はもちろんカビや結露などの二次被害にも繋がりかねません。
その際には、まずは管理責任者へ状況報告をして下さい。生活に支障をきたし緊急を要することですから、迅速に対応してもらえます。このトラブルにおける修理や損害費用は相手側に請求することができる場合が多いです。一方、自身で直接相手の方に水漏れの報告をする際には、トラブルが起こることも想定されます。責任転嫁をされたりするケースもあります。相手の人柄などがわからない場合は、直接伺うことはやめて下さい。管理責任者はもちろん、ケースによっては士業者などの専門家に依頼してから、相手方に伺う方が良いです。

水漏れ修理の前に個人賠償責任保険を確認しましょう

水漏れ修理には相応の費用が発生します。加害者、被害者それぞれになることも想定されますが、個人賠償責任保険の情報を紹介します。
賃貸物件入居時に契約される場合もありますが民間の保険会社でも取り扱われており、個人で契約されている方も多いです。トラブルの際にカバーしてもらえる事例は、水道ホースが外れてしまい、他の部屋に被害を与えてしまうなどがあります。それに伴う二次被害も想定されますが、日常生活上起こりうるトラブルは概ね保険対応可能です。
一方、故意に発生させてしまった場合には支払いはされません。自身の管理している物品や他人から借りているものが被害を受けた場合は、補償の対象となりにくいです。賃貸、保険それぞれの契約書を確認し、管理責任者に相談をすると、手続きはスムーズにいきます。

■まとめ
賃貸物件のビルテナントで生活するにあたり、水漏れなどのトラブルの可能性はあります。加害者、被害者の立場にて、修理を必要とする場面があります。各種緊急時以外は、管理責任者に相談をしてから対応して下さい。特に、住民間トラブルにも繋がりやすい問題なので注意しましょう。個人賠償責任保険の加入及び情報も把握しておくと、経済面をはじめ役立つことは多いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース